劇場版ドラゴンボールのあらすじやネタバレなどを紹介!

ドラゴンボール映画.jp

ブロリー初登場(1作品目)のタイトルは?内容やレビューもチェック!

更新日:

ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

 

ブロリー初登場(1作品目)のタイトルは「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」です。

 

惑星ベジータをフリーザが破壊し、サイヤ人を皆殺しにしようとした事件で、サイヤ人の生き残りとは一体どのくらいいるのか気になります。今回ご紹介する「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」では滅びる前に起こったある親子の物語が描かれています。伝説の超サイヤ人とは一体何者なのでしょうか。

 

映画情報

  • 公開年月日:1993年3月6日
  • 監督:山内 重保
  • 脚本:小山 高生
  • 原作:鳥山 明

参考元:Wikipedia/ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

 

 

あらすじ(内容にネタバレ含む)

孫悟飯
まず映画の内容を見てみてください

 

悟空とチチが悟飯の予備校受験のために保護者面接を受けに来ていた頃、悟飯たちはお花見を楽しんでいました。

 

すると花見会場に突然宇宙船が降り立ち、中から現れたパラガスというサイヤ人ベジータの元へ、新惑星ベジータの王になってほしいと申し出るのでした。

南の銀河に現れた伝説の超サイヤ人に立ち向かえるのはベジータ王だけだとおだてられ、ベジータは誘いに乗り、地球を後にします。

 

同じころ、予備校の面接中に北の界王に呼び出された悟空も、南の銀河に現れたという伝説の超サイヤ人の存在を告げられ、その気を追って南の銀河へ瞬間移動で向かいます。

 

新惑星ベジータに到着したベジータも、伝説の超サイヤ人を倒すため、パラガスの息子ブロリーを従えて討伐に向かいます。

 

伝説の超サイヤ人を見つけられず帰還したベジータとブロリーは、討伐中にやってきた悟空と居合わせます。すると悟空と対面したブロリーに異変が起こります。

 

その夜、ついにコントロールを失ったブロリーは、悟空を襲撃し、激しい戦闘に発展していきます。一気に抑えられていた力を解放したブロリーの正体は、南の銀河を破壊した伝説の超サイヤ人だったのです。

 

全てはベジータを葬り去るパラガスの計画でした。

 

ブロリーの持つ強大な力をコントロールし、全宇宙の支配を企て、グモリー彗星で消滅する新惑星ベジータ利用してベジータ王の息子であるベジータを、葬り去るつもりだったのです。

 

暴走したブロリーに、超サイヤ人になって立ち向かう悟空と悟飯とトランクス。しかしブロリーには歯が立たず、止めることができません。

 

気を失った悟飯に、トドメを刺そうとしたブロリーの攻撃を弾いたのは、仙豆を持ったピッコロでした。仙豆で回復した悟空たちは再びブロリーを倒すために挑みます。

 

ブロリーの持つ強大な力と極悪さに怯えていたベジータも、悟空に感化され共に戦いますが、悟空以外は倒されてしまいます。残った力を悟空に託すZ戦士たち

 

ブロリーを倒すためのパワーを求める悟空の強い呼びかけで、ついに頑なに拒んでいたベジータも悟空へパワーを送りました

みんなの力を受け取った悟空は、伝説の超サイヤ人ブロリーに最後の戦いを挑みます。

 

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

 

感想・考察(レビュー)

孫悟空
レビューも見てみっか

 

伝説の超サイヤ人が南の銀河を破壊した、という衝撃的な内容から始まる今回のストーリーは、憎しみや怒りによって引き起こされたものでした。

 

まず注目したいのはブロリーの姿です。

登場人物が戦闘服を着用している中、一人だけ上半身裸で勇者のような装備品を身につけている姿は異質です。

のちにブロリーの強大な力をコントロールするための装置であることが明らかになります。

 

極悪でとんでもない破壊神のように描かれているブロリーですが、反面とてもかわいそうにも受け取れました。

 

生まれた時から戦闘能力が1万を超えるブロリーは、将来も有望だったはずです。しかし、当時のベジータ王が自分の息子を脅かしかねない存在と恐れ、ブロリーの抹殺を命じたのです。

どの世界でも理不尽なことは尽きませんね。

 

抹殺の理由が私利私欲のためだと知ったならば、ブロリーの父であるパラガスが、ベジータ王やその子孫を恨むのは無理もありません。きっと優秀なブロリーを誇らしく思っていたでしょうし、まさか自分まで抹殺対象になるとは思ってもみなかったはずです。

 

ブロリーの潜在的能力フリーザによる惑星ベジータの消滅から助かったパラガスは、幼いブロリーを必死に育てます。しかしブロリーはサイヤ人としての本能が強く、手がつけられないほど凶暴に成長してしまい、身の危険を感じるようになってから、パラガス親子は狂い始めたのかも知れません。

 

思い通りにブロリーをコントロールできれば、宇宙を支配でき、復讐も果たせると考えたパラガスは、科学者にコントロール装置をつくらせ、ブロリーの強大な力を抑え込むことに成功します。

劇中でこのシーンを見たとき、結構悲しいシーンに思えました。

 

特に、寝ているブロリーに装置をつけようとした時、それに気づいたブロリーが抵抗しながら「親父」と言ったところは、自分を押さえつけようとする親への怒りと悲しみが想像できます。パラガスも我が子にこんなことはしたくなかったでしょう。しかし、せざるを得ない状況で命をかけた必死さと葛藤が伝わってきます。

 

ブロリーのコントロールに成功してから、パラガスはブロリーを道具のように考えている面が伺えます。

 

ブロリーの暴走後も、誰も止めることはできない、と何も手を打とうとせず、新惑星ベジータにグモリー彗星が接近したことで、暴走するブロリーの処分も兼ねて、一人で脱出を図ろうとします。

 

何てひどい父親なんだ!とも思いますが、正直あんな破壊神は手がつけられないですし、連れて行くにもコントロールなしに一緒にいられない状況ですから、誰でもそうしたかもしれません。

 

「どこへ行くんだ?」

とブロリーに見つかってしまい、慌てたパラガスが「お前と一緒に避難する準備だ」と答えると「一人用のポッドでか?」とブロリーはパラガスが一人で逃げようとしていたことを認識した直後、声を上げて、ポッドごとパラガスを潰し、グモリー彗星へと投げ捨ててしまいます。

 

悟空たちに対してはそのような面倒な攻撃はしていません。エネルギー弾などで一気に消し飛ばそうとしています。

しかしパラガスには、会話をし、押しつぶし彗星に投げるという工程の多い殺し方をしているのです。

 

怒りのみの感情ならば、一気に消し飛ばす可能性も高いと思いますが、一連の行動描写をみると悲しみという感情があったのではないかな、と想像したくなります。

 

パラガスが「自分の子供に殺されるとは、これもサイヤ人の定めか…」と最期に残した言葉がサイヤ人の切ない生き様を物語っています。

 

そしてもう一つの大きな注目ポイントはベジータです。まんまとパラガスの口車に乗って、新惑星ベジータに来てしまったうかつなベジータ。

純粋なサイヤ人ということもあって、ブロリーの超サイヤ人化で、彼の圧倒的な強さと極悪さに怯えきってしまいます

 

普段、あんなに偉そうにしているベジータですが、その器の小ささがあらわになってしまう作品となりました。

 

ピッコロに強制連行されてブロリーの元に連れて行かれる姿はなんとも情けないものです。

 

しかし、格下の下級戦士である悟空が、無謀にも勇ましく戦い挑んでいる姿を見て、ベジータも王族の王子である自分が、恐れおののいて逃げ腰になっているのを、情けなく思ったに違いありません。

 

恐怖に打ち勝ったベジータは果敢にブロリーに挑みます!が、やはり歯が立たず倒れてしまいます。

 

唯一立ち上がった悟空に、Z戦士たちが残りの力を送る中、プライドの高いベジータは頑なに拒みます。王族の王子が下級戦士に頼るというのが許せないのでしょうね。

 

そんなことを言っている場合ではないのです!ベジータ王子!

悟空が「こいつを倒せるパワーをくれ」と、何度も何度も呼びかけます。その大きな心の叫びに、やっとベジータが応え、力を受け取った悟空はブロリーに強烈な一撃を与え勝利できました。

 

サイヤ人の悲しい親子の結末と、ベジータの成長を見ることのできる、奥深い物語に仕上がっています。

 

ただ、惑星シャモから奴隷として連れてこられたシャモたちが、悟空の瞬間移動によって宇宙船に無事避難できたことまでは描かれているのですが、その後の彼らがどうなったかは不明となっています。

 

悟空たちのことですから、ちゃんと面倒を見てあげたはずです。

ナメック星人のように新しい母星を見つけて、平和に暮らしていて欲しいですね。

 

孫悟飯
ベジータさんボクこの映画また観たくなりました
ベジータ
チッ、この記事見てから無料で見やがれ!

 

孫悟空
もうちっとだけあらすじ見たかったら別パターンもあっぞ!

 

 

登場キャラクターの戦闘力

 

映画ドラゴンボール作品一覧

孫悟空
画像をクリックすると詳細ページに飛ぶぞっ!

気に入ったら
シェアしてくれ!

Twitter で

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

-あらすじ・感想
-

Copyright© ドラゴンボール映画.jp , 2019 All Rights Reserved.