劇場版ドラゴンボールのあらすじやネタバレなどを紹介!

ドラゴンボール映画.jp

ボージャックやザンギャ登場の映画タイトルは?内容やレビューもチェック!

更新日:

ドラゴンボールZ銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

 

ボージャックやザンギャらが登場する劇場版ドラゴンボールのタイトルは「ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」です。

 

セルとの戦いで悟空が死んでしまった後、残された悟飯たちは懸命に悟空の意思を継いで、迫り来る魔の手から地球を守ります。今回ご紹介する「ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」では、4人の界王が封印したというボージャックと悟飯たちが地球存亡をかけた激戦を繰り広げます。

 

映画情報

  • 公開年月日:1993年7月10日
  • 監督:上田 芳裕
  • 脚本:小山 高生
  • 原作:鳥山 明

参考元:Wikipedia/ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

 

 

あらすじ(内容にネタバレ含む)

孫悟飯
まず映画の内容を見てみてください

 

ギョーサン・マネーが主催の、優勝すればミスター・サタンへの挑戦権が与えられるという天下一武闘大会に参加した悟飯たちは、順調に勝ち進み、決勝進出を決めていました。

 

決勝では4人の選手が、4つの銀河から来た戦士たちとそれぞれのバトルゾーンで戦い、一番最初に勝ち抜けて戻ってきた者が優勝というルールになっていました。

 

悟飯、クリリン、トランクスともう一人の選手は、それぞれのゾーンへ移動し、現れた異星人の対戦者と勝負をすることになりました。武闘大会と思い込んでいた悟飯たちは戦う異星人たちの異様な強さに、何か異変が起こっていることに気づきます。

 

様子を冥界から見ていた北の界王は、その正体がかつて4人の界王で封印した、強い悪の気を持つボージャックだと気づきます。セルとの戦いで悟空と共に北の界王が死んだため、封印が解かれてしまったのです。

 

悟飯たちは超サイヤ人となって敵と戦闘を続けますが、姿を現したボージャックの圧倒的な強さと、彼らが使う特殊な超能力でうまく戦えず苦しい戦況を強いられていました

 

トランクスたちのピンチに、悟空の死後、戦う気力を失っていたベジータピッコロが加わり応戦しますが歯が立ちません

Z戦士が次々と倒され、ついに悟飯もボージャックによって絶体絶命のピンチに陥ってしまいます。もうダメだと思ったその時、ピンチを救って現れたのは…!

 

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

 

感想・考察(レビュー)

孫悟空
レビューも見てみっか

 

セルとの戦闘後のストーリーなので、悟飯は超サイヤ人になれるようになっていますし、悟空と界王様は冥界から見守っているスタイルになっています。

 

4人の界王によって封印されていた、ボージャックという異星人が今回の強敵として登場します。彼はヘラー一族の4人を従えて、地球を荒らすために天下一武闘大会の決勝バトルステージに現れました。

 

空間を書き換えるなどしてかなり凝ったことをしていますから、破壊を楽しむために自分たちなりの演出をしているようにも考えられます。

 

界王が4人がかりで封印したボージャックですから、はるかに凶暴で危険な存在に違いありません。

悟空がセルの自爆から地球を守るために界王様のところで爆発させてしまった弊害がこんなところで生じるとは。

 

悟飯のピンチにいたたまれなくなった悟空は、戦況をどうにかできないか求めますが、界王様は何もできない様子で困っています。

きっと干渉できない制約が冥界にあるのでしょう。

 

しかし、居ても立ってもいられなくなった悟空は、界王様が制止する間も与えず地球に行ってしまいます。

悟空は瞬間移動でボージャックに一発攻撃を食らわせて、ご飯のピンチを救います。

 

 

霊体のはずなのに攻撃を当てられるなんて、とんでもない型破りです。絶対悟空にしかできない離れ技に違いありません。

 

しかしこれが限界のようで(すでに限界を超えているように思いますが)そのあとは悟飯に「甘ったれるな」などの言葉で喝を入れて去っていきます。

 

ボージャックの攻撃を一身に受けて、ボロボロになった子供の悟飯に、悟空の対応は厳しいと思いますが、たくさんの修羅場を乗り越えた果てに死んだ悟空ですから、悟飯が自分の力を信じずに、弱気になっているのを見ていられなかったのかもしれませんね

 

悟飯は悟空の言葉に覚醒し、ボージャックを見事倒しました。

 

悟空が死んで「代替わり」というわけではありませんが、悟飯の成長とサイヤ人の力の覚醒が多く描かれています。

 

ここで忘れてはいけないのがベジータの存在です。

「カカロット(悟空)を倒す」という目標を失ったベジータは、なんと戦闘意欲を失い引きこもりになっている様子が描かれています。

 

でも引きこもっているわりには、戦闘服を着用していますし、武闘大会の中継も少しテレビで見ていたようですが(笑)

 

強い者と戦いたい、というサイヤ人の本能もあるでしょうし、興味はあるはずですが、自分の中で悟空の存在を失った喪失感というものが、それらを大きく上回っていたのでしょう。

そんな彼を動かしたのはなんだったのでしょうか。

 

ボージャックの強い気を感じ取ったのか、自分の息子トランクスのピンチを感じ取ったのか、はたまたその両方なのか。

 

ストーリーの描写からはトランクスのピンチを感じ取った、というのが有力でしょう。しかしベジータならボージャックの気も感じ取れるはずなので、両方という見方ができます。

 

なんにせよ、ベジータはとても変わったと思います。戦闘民族サイヤ人は親子の絆や、友情といったものが希薄な民族です。

 

ベジータも登場した当初はゴリゴリのサイヤ人気質が強いキャラクターでした。

でも悟空と出会い、いくつものピンチを共にし、乗り越えてきた経験が少しずつベジータの心の持ちようを変化させていったように思えます。

 

悟空の死で戦闘意欲を失ったのも、悟空を戦友やライバルといった存在として認めている証拠です。

 

「カカロットを倒すのは俺だ!」

 

というおきまりのセリフの意味合いも、下級戦士に負けてプライドを傷つけられた悔しさから、超えたい、勝ちたい、悟空は強いという実力を認めているものに変わっています。

 

自暴自棄を乗り越えて駆けつけたベジータは、果敢にボージャック達へ戦いを挑んでくれました。

 

ベジータは純粋なサイヤ人ですし、実力も戦闘センスも優秀だと思うのですが、精神的に弱い面があるので、実力がいつも発揮されていないんだろうな、と思います。

 

ボージャック戦で戦意を取り戻しましたが、それまでの期間、トレーニングや修行を行っていなかったに違いありません。

 

ボージャックとの実力差によってベジータはやられてしまいます。

 

ベジータにも悟空の様な素直さと、折れない心があれば引けを取らないと思うのですが、もったいないですね。

しかし、そういったキャラクター性が彼の魅力であり、アイデンティティーの1つだと思いますし、ブルマもそういう面に気付いたからこそ、放っておけないという気持ちを抱いたのだと思います。

 

勝ち負けは別として、ベジータが立ち直ってくれて、トランクスや他のみんなもほっとしたことでしょう。

 

今回大活躍した悟飯ですが、それを支えたのは悟空とミスター・サタンだったのではないでしょうか。

毎度、絶妙なタイミングで結果的にピンチをカバーしてくれたり、隙を作ってくれるミスター・サタン。

 

ボージャックと戦う悟飯に2回訪れたピンチの一つを、ミスター・サタンがカバーしてくれています。

 

でも乗っていたマシーンが攻撃を受けて爆発した際、脱出した描写は無く、現実的に考えるとそこで死んでいてもおかしくないのですが、サタンはちゃんと生きています

この時点で彼は凄い人物だと思います。おいしいところも全部持って行きますしね。

 

第二回天下一武闘大会はこのような事件無く、開催できることを願いたいですね(笑)

 

孫悟飯
ベジータさんボクこの映画また観たくなりました
ベジータ
チッ、この記事見てから無料で見やがれ!

 

孫悟空
もうちっとだけあらすじ見たかったら別パターンもあっぞ!

 

 

登場キャラクターの戦闘力

 

映画ドラゴンボール作品一覧

孫悟空
画像をクリックすると詳細ページに飛ぶぞっ!

気に入ったら
シェアしてくれ!

Twitter で

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

-あらすじ・感想
-

Copyright© ドラゴンボール映画.jp , 2019 All Rights Reserved.