劇場版ドラゴンボールのあらすじやネタバレなどを紹介!

ドラゴンボール映画.jp

バイオブロリーが登場する作品名は?内容やレビューもチェック!

更新日:

ドラゴンボールZ超戦士撃破!!勝つのはオレだ

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

 

バイオブロリーが登場するドラゴンボール映画の作品名は「ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ」です。

 

人造人間18号とクリリンが結婚するなんて、当初は驚いたものですが、とても良いカップルだと思います。クリリンの良き夫振りには世の女性の理想が詰め込まれている気がします。今回ご紹介する「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」ではミスター・サタンが中心に展開されるストーリーになっています。再び登場する強敵にZ戦士たちはどう挑むのでしょうか。

 

映画情報

  • 公開年月日:1994年7月9日
  • 監督:上田 芳裕
  • 脚本:小山 高生
  • 原作:鳥山 明

参考元:Wikipedia/ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

 

 

あらすじ(内容にネタバレ含む)

孫悟飯
まず映画の内容を見てみてください

 

人造人間18号は天下一武闘大会の際に、賞金をもらう代わりに負けてやる、という約束を果たしてもらうためミスター・サタンの元を訪れていました。

 

そこへミスター・サタンの幼なじみで、かつてのライバルであったジャガー・バッダ男爵の使いが、サタンに挑戦状を渡すため現れます。

はじめは拒んだものの、過去のおねしょの件で脅され、仕方なくその挑戦を受けることにしたミスター・サタン。

 

賞金の件をうやむやにされないようサタンに同行した18号と、面白がって忍び込んだ悟天とトランクスたちは、ジャガーのいるメークイン城へと向かいました。

 

ジャガーはサタンを倒すために城の地下に巨大な研究施設を作り、バイオテクノロジーの博士たちを集めて、バイオ戦士を作り出していたのです。

 

ジャガーの挑戦を受けて、バイオ戦士と戦うことになったミスター・サタンですが、バイオ戦士との戦闘を避けるため、18号と取引し、自分の弟子と偽って戦ってもらうことに。

途中現れた悟天とトランクスも弟子として偽って倒してもらいます。

 

バイオ戦士を倒されたジャガー・バッタ男爵は、研究施設をあらわにして、奥の手を出そうとします。

現れた研究施設に興味津々な悟天とトランクスが、施設内で一つのバイオカプセルを発見します。

なんと、その中にはブロリーが入っていたのです。

 

奥の手とはこのバイオテクノロジーで作り出したブロリーのことだったのです。

ナタデ村の祈祷師が、ブロリーのポッドに付着していた血液を採取し、ジャガー・バッタ男爵たちに売り渡していたのでした。

 

ブロリーの恐ろしさを知っている悟天とトランクスは、カプセルから出る前に倒そうと、かめはめ波を放とうとしますが、バイオブロリーは超サイヤ人化して、カプセルから出てきてしまいます。

 

不完全で形状を維持できず、怪物のような容姿で復活したブロリーに18号が挑むも、その力は強く、返り討ちにされてしまいます。

悟天とトランクスも超サイヤ人になって、ブロリーを倒すために立ち向かいます。

 

ブロリーのカプセルから溢れたバイオ液は、空気に触れ、遺伝子の異なる生物の細胞を食べて増殖する脅威となり、悟天たちはブロリーとバイオ液という二つの恐怖に襲われることに!

 

バイオブロリーの圧倒的な強さに、二人だけの力では倒せないと判断したトランクスは、バイオ液の性質を利用して倒そうと考えます。

 

バイオブロリーを挑発して誘導し、バイオ液を浴びせることに成功したトランクスでしたが、バイオ液はブロリーの細胞を取り込んだせいで、異常な力を手に入れてしまったのです。

 

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

 

感想・考察(レビュー)

孫悟空
レビューも見てみっか

 

ミスター・サタンとジャガー・バッタ男爵のライバル関係から始まったいざこざが、まさかブロリーを復活させることになろうとは、誰も予想できなかったことでしょう。

 

ブロリー三度目の登場です。

どれだけ人気があるんだブロリーさん!さすが伝説の超サイヤ人!

 

前作の流れを引き継いでおり、ナタデ村での戦闘で悟飯たちによって倒されたブロリーでしたが、祈祷師がジャガー・バッタたちにブロリーの血液を売り渡したことで、新たな脅威バイオブロリーとして蘇ったのです!

 

あの祈祷師は生贄を捧げようとしたり、血液を売ったり、ろくなことをしません。きっとバチが当たったのでしょうね。今回の件で、彼は溢れ出たバイオ液に飲み込まれて命を落としてしまいます。

 

悪いことをしたら自分に返ってくるのです。

私たちも気をつけないといけませんね。命は大事にしましょう!

 

バイオカプセルから正規の手順を踏まずに、自ら出てきてしまったブロリーは、体の形状を正常に保てず、化け物のような容姿になってしまいます。反応など鈍くなっているように見受けられますが、それでも18号や悟天たちを圧倒する戦闘能力があるというのは、本当に異次元の存在だと感じます。

 

このバイオブロリーは本物とは別ものになりますが、悟空への憎しみを持っていました。遺伝子レベルまで悟空への感情を刻み込んでいたとは、恐ろしい…

 

ブロリーは「悟空への執着心で出来ている」といっても過言ではありません(笑)

 

メインの敵はバイオブロリーですが、この作品で特徴的なのはバイオ液も最大の敵であるという、二重構造だというところ。

 

バイオ液はバイオ戦士を作り出すための液体なのですが、空気に触れると異なる生物の遺伝子を食べて増殖するという性質を持ち、ブロリーと戦う中で、バイオ液が施設と人々を飲み込んでいく恐怖が平行して描かれています。

 

最終的に島ひとつを飲み込む大惨事を引き起こし、研究者や博士たちはもちろん、島民にもかなり犠牲が出ることになってしまいました。何故、最悪の事態を想定していなかったのか、と問われても仕方のない人災です。

 

このピンチを救ったのはなんとミスター・サタン

 

に逃げたところバイオ液が固まり海水で増殖が止まり固まるということを発見するきっかけを作ります。

 

バイオ液の増殖が止まったのを見て安心かと思いきや、バイオ液に飲み込まれたはずのブロリーが、クライマックスに巨大なバイオブロリーとして姿を現し、悟天たちの前に立ちはだかります。

 

ブロリーの強さとしつこさは規格外!星の消滅にも耐え、マグマに落ちても無傷、バイオ液に取り込まれても主導権を握れるのですから、もはや彼は不死身の域です。

 

海の上で姿を現したため、すぐに動きを止めてしまう巨大バイオブロリー。

それを何のためらいもなく、悟天とトランクスがダブルかめはめ波で木っ端微塵にし、今回の事件を解決するのですが、注目するのは悟天とトランクスの判断の速さです。

 

間髪を入れず止めを刺す行動は大人でもなかなかすぐにできない行動ですし、ましてや子供がそんな判断をできるか、というとより難しいと思います。

 

しかし悟天とトランクスは普通の子供ではありません。戦闘慣れしているし、ブロリーとの対戦は二度目ということもあって、ブロリーの危険度合いを正しく理解している証拠なのでしょう。

二世たちが頼もしい成長を遂げています。

 

そして倒されたブロリーはといいますと、なんと地獄で大暴れ(笑)

冥界で悟空とパイクーハンにその処理が任される、というところまで描かれており、最後の最後で悟空が登場して最後を占めるおいしいとこ取りです。

 

ここで気になったのが、冥界にはブロリーが二人いるのではないか?ということです。

 

先ほども述べましたが、ブロリーは前作で死んでいます。今回のブロリーはバイオブロリーなので、本物と別物です。

 

今回地獄で暴れているのは、流れとしてバイオブロリーの方だと思いますが、きっと先に死んだ本物のブロリーも地獄へ行ったでしょうし、今回のように暴れたはずです。

 

本物が死んでから時は流れているので、本物ブロリーとバイオブロリーが重なることはなかったのだろうと思いますが、もし重なっていたら地獄はより地獄になっていたことでしょう…

 

ブロリーとしては倒された怒りはあるでしょうが、地球で暴れていても悟空には会えないのですから、結果的に地獄へ行けたことはある意味良かったのかもしれませんね。

 

孫悟飯
ベジータさんボクこの映画また観たくなりました
ベジータ
チッ、この記事見てから無料で見やがれ!

 

孫悟空
もうちっとだけあらすじ見たかったら別パターンもあっぞ!

 

 

登場キャラクターの戦闘力

 

映画ドラゴンボール作品一覧

孫悟空
画像をクリックすると詳細ページに飛ぶぞっ!

気に入ったら
シェアしてくれ!

Twitter で

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

-あらすじ・感想
-

Copyright© ドラゴンボール映画.jp , 2019 All Rights Reserved.