劇場版ドラゴンボールのあらすじやネタバレなどを紹介!

ドラゴンボール映画.jp

はっちゃんが登場するドラゴンボール映画は?作品名や内容をチェック!

更新日:

ドラゴンボール最強への道

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

 

はっちゃん(人造人間8号)が登場するドラゴンボール映画の作品名は「ドラゴンボール 最強への道」です。

 

ドラゴンボールストーリーの中で、知らないことは意外とたくさんあるものです。今回ご紹介するのは「ドラゴンボール 最強への道」という初期のドラゴンボールをリメイクした作品です。懐かしいシーンや、登場するキャラクターを新しい目線で見ることができます。

 

映画情報

  • 公開年月日:1996年3月2日
  • 監督:山内 重保
  • 脚本:松井 亜弥
  • 原作:鳥山 明

参考元:Wikipedia/ドラゴンボール 最強への道

 

 

あらすじ(内容にネタバレ含む)

孫悟飯
まず映画の内容を見てみてください

 

パオズ山という山奥に孫悟空という尻尾の生えた不思議な少年が暮らしていました。

 

ある日、ドラゴンボールという球を探して、パオズ山を訪れたブルマと出会い、じっちゃんの形見として大切に保管していた四星球が、そのドラゴンボールだと知らされた悟空は、成り行きでブルマとドラゴンボールを探す旅へ出ることになりました。

 

道中でウーロンを仲間に入れ、盗賊ヤムチャたちと戦いながらドラゴンボールを順調に集めていました。同時に極悪非道で名の知れたレッドリボン軍も世界征服のためにドラゴンボールを集めていたのでした。

 

残りのドラゴンボールを求めてたどり着いた先は、レッドリボン軍のマッスルタワー

レッドリボン軍は悟空たちの持つドラゴンボールを渡すよう要求してくるも、それを断り戦うことになりました。

 

レッドリボン軍の主力を次々と倒していく悟空に、レッドリボン軍の大佐は人造人間8号を戦わせようとしますが、悪いことを嫌う人造人間8号は大佐の命令を聞きません。

 

失敗作と8号を爆破しようとする大佐を倒し、起爆装置を破壊した悟空は、8号をはっちゃんと名付け、友情を深めます。

一緒にいこうとはっちゃんを誘いますが、レッドリボンを警察に引き渡し、マッスルタワーの片付けをすると言います。はっちゃんを残して、悟空たちはドラゴンボールの残りを探す旅を続けます。

 

次に悟空たち一向は迷子になった亀を助け、故郷の海へ送り届けるため車を走らせていました。その一方で、マッスルタワーの全滅を知ったレッドリボン軍の総統はブルマたちの捜索を開始したのでした。

 

無事に海へ送り届けた悟空たちが、助けたお礼として亀が連れてきた亀仙人から筋斗雲をもらい、さらに亀仙人が持っていたドラゴンボールも、ブルマが体を張って手に入れたのですが、その時にレッドリボン軍の襲撃に見舞われてしまいます。

 

軍艦の砲撃から逃げる悟空たちでしたが、亀仙人が立ち上がり、かめはめ波を放って軍艦を蹴散らします。しかし新たに潜水艦が現れ、再びピンチに!

 

そこに今度は悟空が立ち向かいます。亀仙人のかめはめ波を見様見真似で放ち、一時ピンチを脱したのですが、レッドリボン軍のさらなる攻撃に悟空は倒れ、ブルマたちは捕らえられてしまいます。

 

目を覚ました悟空は筋斗雲に乗り、捕らえられたブルマたちとドラゴンボールを求めて、レッドリボン軍の元へと向かうのでした。

 

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

 

感想・考察(レビュー)

孫悟空
レビューも見てみっか

 

最新技術を駆使して描かれたドラゴンボールのリメイク版です。

映像構成も今までとは違い、墨絵を使用するなど、表現の幅が格段に広がったものとなっています。

 

キャラクターの着彩パターンもハイライトが入るなど、表現全体がリニューアルされている印象が強く、今や懐かしくなってしまったブルマのお色気シーンは、改めてかなりきわどいものだったと認識させられるくらいリアルで綺麗です(笑)

 

ストーリーとしては、悟空がブルマと出会い、ドラゴンボールを探しながらレッドリボン軍を壊滅させるまでのものとなっています。

 

ドラゴンボールストーリーは今まで”強い敵・悪い敵を倒す”というところに重点を置いていた印象ですが、今回はそこに”登場人物の心情”をプラスしたものになっていると感じました。

 

特にそれがよくわかるシーンが、敵側だった人造人間8号のはっちゃんが、悟空を守って砕け散ってしまったのを目の当たりにするシーンです。

 

はっちゃんに対する悲しみとレッドリボン軍のブラック総統に対する怒りを覚える悟空の心情を、見ている側に伝わりやすい映像構成になっています。

 

はっちゃんの視点から悟空を見上げているような構図にすることで、悟空の悲しむ表情とそこに落ちる影で、暗い気持ちを伝えていますし、大量に溢れ流れる涙も、視聴者の心理を悟空に同調させる効果を生み出しています。

 

さらにこのシーンの前に、はっちゃんと友情を深めたシーンを入れていることで、より同調の効果を大きくし、見ている人の涙を誘います。

 

ラストに7つのドラゴンボールではっちゃんを蘇らせてほしいと悟空が願います。

 

ブルマの彼氏が欲しい、ヤムチャの結婚したい、というくだらない願いが優先されなくて本当に良かったな、と思います。そんな願いだったら今までの苦労も報われないよ、と思うこと間違いなしです。

 

初期のドラゴンボールを知らなくて、簡単にレッドリボン軍までの経緯が知りたい人にはうってつけの作品だと思います。主要人物との出会い方や、最初の関係などが垣間見れて、そういうことだったんだ!という発見ができるでしょう。

 

この頃のドラゴンボールは、ドラゴンボールを探すことが大きな目的で、探している中で出会った人物や、出来事から展開していくストーリーが主になっています。敵も異星人などではなく、怪物や悪の組織といったものが多く描かれているのも特徴です。

 

ドラゴンボールストーリーの起源を新たな視点で見れる素敵な作品となっています。

 

孫悟飯
ベジータさんボクこの映画また観たくなりました
ベジータ
チッ、この記事見てから無料で見やがれ!

 

孫悟空
もうちっとだけあらすじ見たかったら別パターンもあっぞ!

 

 

登場キャラクターの戦闘力

 

映画ドラゴンボール作品一覧

孫悟空
画像をクリックすると詳細ページに飛ぶぞっ!

気に入ったら
シェアしてくれ!

Twitter で

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

-あらすじ・感想
-

Copyright© ドラゴンボール映画.jp , 2019 All Rights Reserved.