劇場版ドラゴンボールのあらすじやネタバレなどを紹介!

ドラゴンボール映画.jp

ベジータがビンゴでダンスを踊る作品名は?内容やレビューもチェック!

更新日:

ドラゴンボールZ神と神

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

 

ベジータがビンゴでダンスを踊る作品名は「ドラゴンボールZ 神と神」です。

 

たくさんの神様が登場するドラゴンボールストーリー。今回ご紹介する「ドラゴンボールZ 神と神」では眠りから覚めた破壊神ビルスという新しい神様が登場します。超サイヤ人ゴッドを求めて、地球の破壊をかけた悟空たちの奮闘が描かれています。

 

映画情報

  • 公開年月日:2013年3月30日
  • 監督:細田 雅弘
  • 脚本:渡辺 雄介
  • 原作:鳥山 明

参考元:Wikipedia/ドラゴンボールZ 神と神

 

 

あらすじ(内容にネタバレ含む)

孫悟飯
まず映画の内容を見てみてください

 

39年の眠りから破壊神ビルスが目を覚ました頃、悟空は北の界王の元で修行を行っていました。

ビルスの目覚めを知った界王神たちは、慌てて北の界王へ知らせます。

悟空に知られると厄介だということで、界王もその存在を隠そうとしますが、すぐにバレてしまいます。

 

ビルスの存在を知った悟空は、この世で一番強い存在というところに惹かれ、興味を持ちます。

 

一方、ビルスは天使ウイスから眠っていた間に、フリーザ1人のサイヤ人によって倒されたことを知り、そのサイヤ人に興味を抱きます。

また、夢で超サイヤ人ゴッドなる者と戦う夢を見ており、フリーザを倒したサイヤ人、悟空と会うことを決め、北の界王の星に赴くのでした。

 

悟空が目的だとは知らない界王は、慌てて悟空を家の中に隠し、ビルスたちを出迎えます。

 

ビルスは隠れている悟空を呼び、フリーザを倒したことと超サイヤ人ゴッドを知っているかを確認したのち、悟空が申し出た手合わせを快諾。二人は軽く戦うことになります。

 

悟空の攻撃を軽くかわすビルスに、悟空は超サイヤ人3になって挑みますが、たった3発の攻撃でいともたやすく虫の息にされてしまいました。

 

手合わせを終え、地球へと向かったビルスたち。

界王は地球にいるベジータに事情を伝え、どうにか地球を破壊されないように見守ります

 

ビルスのことを受けて、ベジータは王子のプライドを捨てて必死に立ち振る舞わなければならないのでした。

 

ビルスは悟飯たちに超サイヤ人ゴッドのことを尋ねますが、誰もその存在を知りません。仕方がないのでブルマの誕生日パーティーに参加し、たくさんの美味しい料理を楽しむことに。

 

たくさんの料理の中でも、プリンに興味を持ったビルスですが、肝心なプリンが見当たりません。行方を捜しているとミスター・ブウが大量のプリンを独り占めしていることに気づきます。

 

譲るように言いますが、それを聞き入れないブウに激怒したビルスは、ブウを倒し、地球を破壊すると宣言します。

 

ビルスを止めようと下手(したて)に出ていたベジータでしたが、間に割って入ったブルマを返り討ちにしたビルスを見て、一気に怒りを爆発させてしまいます。

一時的に悟空を超える力を発揮したベジータでしたが、ビルスには敵いません。

 

地球を破壊するというビルスになすすべがないベジータたち。

その時、悟空が現れ、パーティの出し物であるビンゴ大会の賞品に用意されていたドラゴンボールを使って、超サイヤ人ゴッドの存在を神龍に教えてもらう事を提案します。

 

ビルスを待たせ、神龍から超サイヤ人ゴッドの生み出し方を聞いた悟空たちは、超サイヤ人の力を合わせ、悟空を超サイヤ人ゴッドへと変身させるのでした。

 

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

 

感想・考察(レビュー)

孫悟空
レビューも見てみっか

 

ついに破壊神ビルス様の登場です。エジプトテイストで猫の容姿をしており、性格はかなり気まぐれで、美味しい食べ物が大好きという、ある意味とても神様らしい神様です。

 

実は惑星ベジータの破壊もビルス様が関わっていたとか。

 

この宇宙の均等を破壊をもって保つビルス様ですから当然ではあるのですが、惑星ベジータは破壊される運命だったというのが衝撃的です。

 

ビルス様が求めた超サイヤ人ゴッドをめぐって、様々な事実が明らかとなる今回の作品。

 

印象に残るのは、ベジータが地球の運命をかけてプライドを捨て、ヘタな歌と踊りを披露する姿と、ブルマを叩いたビルス様に怒って、悟空をも超える力を発揮しちゃう王子の姿です。

 

かつてのベジータからは想像できませんが、ブルマへの愛にほっこりします。

 

しかし疑問に思うのが、何故ベジータは一人で必死に事を収めようとしていたのか、ということです。みんなにきちんと説明し、悟飯たちにも事情を把握してもらっていれば、ビルス様への対応は違っていたでしょうに。

 

きっと時間もなかったし、冷静な判断ができないくらい、ビルス様の存在が果てしなく格上で、こちらの態度ひとつで滅ぼされかねないというプレッシャーがすごかった、ということなんでしょう。

 

結局ビンゴ大会の賞品として集められていたドラゴンボールで、神龍を呼び出して超サイヤ人ゴッドの存在について教えてもらう方法を取った悟空たち。

 

ここで注目したいのがサイヤ人の歴史です。

 

今までサイヤ人は野蛮な悪の戦闘民族との印象でずっと来ていましたが、神龍が語る、超サイヤ人ゴッドの正体と経緯によると、悪しきサイヤ人正しきサイヤ人がいた、という事実が明らかになります。

 

正しきサイヤ人5人によって生み出された救世主、それが超サイヤ人ゴッドと呼ばれる存在で、結局戦闘の最中、力尽きて正しきサイヤ人は滅び、悪のサイヤ人が占めたという結末でした。

 

サイヤ人にはまだまだ知られていない事実がたくさん眠っていそうで興味深いです。この話を聞くと悟空とベジータの伸び代に無限の可能性を期待したくなりますね!

 

しかし、神龍の教え方は結構大雑把だったために、ビルス様を待たせてしまう結果になってしまいます。

ビルス様が神龍よりもかなり格上ということで、いつもの威厳ある神龍の姿はどこへやら(笑)

 

神様社会の上下関係も大変厳しいもののようです。

 

超サイヤ人になって気を合わせるも、うまくいかなかったり、人数を間違えたり、なかなか手際よく超サイヤ人ゴッドを生み出せない悟空たちにイライラするビルス様

かなり気長に待ってくれたように思います。

 

無事なんとか超サイヤ人ゴッドになれた悟空。

 

ビルス様と戦う中で、悟空にもプライドがあったことが明かされます。

今までベジータの王子様プライドで隠れていただけだったのでしょうか…!これもまた衝撃的でした。

 

悟空は自分の強さを過信している傾向にあり、自分一人の力ではなく、みんなの力を借りないとビルスと互角に戦うことができない自分が許せない、というおごりがあるそうです。

 

ベジータと似たところがあるのでは?と思わずにいられません。

“類は友を呼ぶ”の関係が疑われます。

 

ビルス様は超サイヤ人ゴッドの悟空と戦いを終えて、公言した通り地球を破壊して帰っていきますが、その破壊の規模がとても可愛らしいのです。

 

その辺にあった岩を一つ破壊しただけ。

 

ビルス様の優しさが現れた瞬間でした。

地球自体を破壊されなくて済んだのは、ビルス様が超サイヤ人ゴッドと戦えた事や、悟空を気に入った事などもありますが、一番の要因は、ブルマの財力がもたらした美味しい料理だったと私は思います。

 

「食は世界を救う」

 

胃袋を掴むという事がいかに大事な事か、ドラゴンボール世界から教えられた気がします。

 

孫悟飯
ベジータさんボクこの映画また観たくなりました
ベジータ
チッ、この記事見てから無料で見やがれ!

 

孫悟空
もうちっとだけあらすじ見たかったら別パターンもあっぞ!

 

 

登場キャラクターの戦闘力

 

映画ドラゴンボール作品一覧

孫悟空
画像をクリックすると詳細ページに飛ぶぞっ!

気に入ったら
シェアしてくれ!

Twitter で

『映画ドラゴンボール』を観るならU-NEXTがおすすめ!!

banner

31日以内に解約すれば完全無料で楽しめます

-あらすじ・感想
-

Copyright© ドラゴンボール映画.jp , 2019 All Rights Reserved.